第29回 日本健康教育学会学術大会

2020年7月11日(土) 12日(日)
会場:公立大学法人 青森県立保健大学

一般演題申込

演題申込受付期間

第29回日本健康教育学会学術大会に関しては、様々な状況変化を踏まえ中止となりました。

一般演題申込期間:2020年2月3日(月)~2020年4月15日(火)
(締切を3月31日から4月15日に延長しました)
抄録原稿登録締切:2020年5月8日(金)

一般演題の募集

第29回学術大会における一般演題の発表は「口演発表」「ポスター発表」および「ラウンドテーブル」とします(本学術大会のテーマに沿った内容を歓迎します)。 なお、必ずしも希望する発表形式に振り分けられないことがありますのでご了承ください。

発表者の資格

共同発表者を含め,発表者は全員本学会の会員に限ります。未入会の方は、演題申込の前に2020年度入会手続きをしてください。
入会申込については、日本健康教育学会ウェブサイトをご覧ください。学術大会での発表が可能な単年度会員制度(会費5,000円、学会誌1年度分、学会誌への投稿は不可)もあります。
また、出題者(筆頭発表者)は、必ず事前参加登録をしてください。
一般演題申込の際、会員番号が必要となります。ご自身ならびに共同発表者の会員番号が不明な場合は学会本部事務局(nkkg@eiyo.ac.jp)にお問合せください。

発表数の制限

出題者(筆頭発表者)としての発表は、発表形式を問わず1人につき1題とします。
なお共同発表者として連名での発表数に制限はありません。

出題費

本学術大会にて筆頭発表者として口演発表・ポスター発表もしくはラウンドテーブルでの発表をされる場合、出題費2,000円の支払いが必要となります。
出題費の支払いは、事前参加登録の際に合わせてお支払いください。

発表形式

口演発表
1演題あたり発表9分,討論5分,計14分を予定しています。(申込演題数によって最終決定します)
ポスター発表
責任在席時間(50分を予定:申込演題数によって最終決定)内での討議とします。
ポスターのサイズなど詳細は、後日、本ウェブサイトにてご案内いたします。
ラウンドテーブル
1演題あたり発表と討論を含めて50分の持ち時間です。
ラウンドテーブルとは、発表者と参加者がテーブルを囲み、発表者のテーマに即して自由に意見交換をするものです。

使用できる機材

口演発表では、パソコン(PowerPoint)及びプロジェクターを用意します。他の機材は使用できません。 詳細は第3報でお知らせします。
また、ラウンドテーブルでは学術大会事務局からの機材の用意はいたしません。

COI開示について

2016年12月2日に制定されました「一般社団法人日本健康教育学会利益相反に関する指針」に従い、学術大会での発表内容に利益相反がある場合に自己申告書を提出することが、また、学術大会での演題発表の際に、利益相反を開示することが必要になりました。
本学術大会において、抄録原稿登録の際は利益相反に関する手続きが必須になります。COI開示の重要性をご理解いただき、適切な手続きをしていただきたくお願い申し上げます。

対象

会員、非会員を問わず、学術大会で発表、特別講演・シンポジウム・教育講演等の講演を行う筆頭発表者が対象です。

自己申告が必要な場合

発表する研究に関係する企業・法人組織、営利を目的とした団体との経済的な関係について、過去1年間における利益相反状態が有る場合(「COI自己申告書」に記載された基準を超える場合)

自己申告の方法(利益相反がある場合)

発表前までに下記の方法にて日本健康教育学会事務局へ申告してください。
1)「日本健康教育学会発表時COI自己申告書」に必要事項を記載し、署名してください。
2)署名したものを学会事務局に郵送してください。
3)提出先
【一般社団法人日本健康教育学会事務局】
〒350-0288 埼玉県坂戸市千代田3-9-21女子栄養大学食生態学研究室内
TEL:049-283-2310

利益相反の開示

発表時に口演発表者はスライドの最初(または演題・発表者などを紹介するスライドの次)に、ポスター発表者はポスターの最後に、利益相反の有無、および、利益相反がある場合には企業名を掲示してください。
不明な点などのお問合せは、学会事務局まで、メール(nkkg@eiyo.ac.jp)またはお電話 (049-283-2310)でお願いいたします。

【抄録登録時】
筆頭発表者の方は、日本健康教育学会発表時COI自己申告書に記載された基準を超える場合には、利益相反について自己申告が必要になります。

【演題発表時】
すべての筆頭発表者の方は利益相反の開示が必要です。

詳細は日本健康教育学会ウェブサイトに掲載の利益相反に関する指針・施行細則(PDF)をご確認ください。

演題申込手順

  1. 演題申込フォームから演題申込をおこなってください。
    一般演題申込期間:2020年2月3日(月)~2020年4月15日(水)
    抄録原稿登録締切:2020年5月8日(金)
  2. 申込受付けの自動返信メールを返信いたします。そのメールに記載されている「演題受付番号」を抄録原稿のファイル名にしてください。
  3. 抄録原稿のテンプレートを使用し作成したものを電子メールに添付し送信してください。
    抄録原稿送付先アドレスは演題申込の際の自動返信メールに記載いたします。

演題の採否

演題申込の採否は、学会長にご一任ください。
2020年4月中旬頃までにメールでお知らせします。連絡がない場合は、メールで運営準備室までお問い合わせください。(メールでのお問い合わせ
発表日時は、当ウェブサイトに、2020年5月中旬頃より掲載する予定です。

抄録原稿の作成

  1. 抄録原稿用テンプレート(ひな型)をダウンロードし、保存してください。
  2. テンプレートに上書きするかたちで抄録原稿を作成してください。
  3. 抄録原稿のファイル名は「健康教育NNNN●●●●XXXX」としてください。
    Nは演題受付番号、●は出題者(筆頭発表者)の氏名(フルネーム)、Xは抄録送信日です。
    (例: 健康教育1077青森花子0305)

抄録作成の手引き

  • 抄録原稿はWordのテンプレートを使用して作成ください。
  • 抄録原稿はすべてA4サイズ1ページで1演題とします。
  • 図表を掲載いただいても構いませんが、モノクロ印刷にて充分判読できるものとしてください。
  • 原稿用紙の上下左右とも25mm空け、ページ番号はつけないでください。
  • 文字のサイズ、フォントは以下のとおり作成ください。
     演題名: 14ポイント、MS明朝、ボールド
     氏名・所属: 12ポイント、MS明朝
     本文: 11ポイント、MS明朝、2段組
  • 原稿には演題名、発表者名(氏名の上にふりがな:共同発表の場合、筆頭発表者の氏名の前に○印)、所属を記入してください。
  • 本文の構成は報告種別により、以下の項目に従い簡潔に記述してください。
    • ポスター発表、口演発表(学術報告)
      【緒言】【方法】【結果】【考察】【結論】などの見出しをつけて記述してください。
    • ポスター発表、口演発表(実践報告)
      【目的】【活動(事業)内容】【活動(事業)評価】【今後の課題】などの見出しをつけて記述してください。
    • ラウンドテーブル
      【背景】【目的】【方法】【結果】【論点または検討課題】(3~5個箇条書きで記述)などの見出しをつけて記述してください。
  • 原稿の最後に出題者(筆頭発表者)の連絡先(E-mailアドレスを含む)を必ず記載してください。 様式に沿って作成した抄録原稿はPDFファイルにしたうえで、PDFファイルとWordファイルの両方をメールに添付し、 運営準備室に送付してください。
    抄録原稿送付先アドレスは演題申込の際の自動返信メールに記載いたします。
    メール本文には、発表者の氏名、演題申込時にお知らせした演題受付番号を明記してください。 運営準備室にて抄録原稿の確認後、受領確認メールをお送りいたします。

発表された演題の抄録

学術大会終了約1か月後に、日本健康教育学会ウェブサイトで公開(閲覧)されます。ご了承ください。